本川歯科医院ブログ 最新情報や採用情報などをご紹介

2013.05.11
〜あなたの笑顔は、みんなの幸せ〜

〜あなたの笑顔は、みんなの幸せ〜  患者様は上下の歯並びがガタガタのため、矯正治療を希望されました。我々矯正医はこの歯並びのことを叢生(そうせい)といいます。この叢生の原因は歯の大きさと歯が並ぶのに必要なスペースのバランスが悪いことです。そのため、叢生の程度によっては、永久歯抜歯を必要とする場合があり、今回は、上の小臼歯と呼ばれる犬歯と大臼歯の間の歯を左右1本ずつ、計2本抜歯させて頂きました。   矯正の治療期間は通常2年半くらいです。しかし、その期間は治療の難しさに左右されるため、子供の矯正治療をしてから...

2012.04.10
歯の移植

歯の移植 30代の主婦の方が左上の歯の違和感を訴えて来院されました。 レントゲンで確認してみると、右上奥から2番目の金属の被せをしてあった歯にむし歯の再発と根の周囲の炎症がみられました。 実際に被せを外して確認してみたところ、むし歯がかなり進行しており抜歯することに。 神経をとってある歯は、むし歯が進行しても自覚症状がでにくいので、むし歯の発見が遅れることがあります。 歯を抜いた後の治療方法として、ブリッジ、部分入れ歯、インプラント、移植という選択肢が考えられます。患者さんにそれぞれの...

2012.03.31
歯を白く美しく(保険の詰め物)

歯を白く美しく(保険の詰め物) 歯の溝が黒くなってます。 むし歯ができてますが、患者さんは痛みなどの症状は特に訴えられておりませんでした。 実際にむし歯を取り除いてみました。 とても大きな穴があいてます。 実は今回のように、虫歯がじわじわと歯の内部で進行するケースは多く見られます。 今回は保険の詰め物(コンポジットレジン)で修復しました。 ...

2012.03.21
「長崎口のリハ塾」に参加してきました。

「長崎口のリハ塾」に参加してきました。 「摂食・嚥下障害の評価と訓練の実際」という題目で日本大学歯学部の戸原玄先生が講演されました。 摂食・嚥下障害とは、食べる機能全体を考えた場合の障害。 摂食・嚥下障害によって?誤嚥性肺炎・窒息?脱水・低栄養?食べる楽しみの喪失といった問題が生じます。 特に肺炎は日本人死亡原因の4位の常連で、年代別に見ると60代以降が多くの割合を占めています。 高齢化社会であり、これから超高齢化社会となっていく日本において摂食・嚥下障害への対応は重要な問題となるのは間違い...

2012.03.08
結婚式までに歯を白くしたい!

結婚式までに歯を白くしたい! 結婚式までに歯を白くしたいんですけど・・ 20代後半の女性が来院されました。 なんと結婚式まで一ヶ月後!! この患者さんの場合、神経処置後の変色(黄色の矢印)や古い詰め物の変色もみられます。 まずは、全体の歯の色をホワイトニングで白くしながら、 同時進行で変色した歯のウォーキングブリーチ(漂白)を行いました。 上の歯のホワイトニングが終わった状態です。 下の歯に比べて上の歯はかなり白くなりました。 上下の歯のホワイトニングが終わった状態です。 古い詰め...

2012.02.26
前歯の色が気になって・・

前歯の色が気になって・・ 前歯の色が気になって・・と30代の女性が来院されました。 「お母さんの歯の色はどうして黒いの?」 と4歳の娘さんに言われて治療する決意をされたそうです。 原因は神経処置をした後におこる歯の変色です。 歯の中に残留した血液や神経組織の色素が歯の内部から色を変えて染まします。真ん中に白い歯が一本のこっているのでよけいに目立ちます。 まず、歯をなるべく削らずに改善する方法として「ウォーキングブリーチ」があります。歯を中から漂白する方法です。 しかし、今回は既に歯をたくさん削...

2012.02.22
歯を白く美しく(ウォーキングブリーチ)

歯を白く美しく(ウォーキングブリーチ) 「前に神経の治療をした歯の色が気になって、人前で思いっきり笑えません・・」こんな悩みを持った患者さんがたびたびいらっしゃいます。 神経治療をした歯はどうして変色するのでしょうか? 歯の神経のお部屋に残った血液や神経組織の残留物が原因で発生するケースが多く見られます。下の写真の黒いものが残留物です。歯の中にしみ込んで歯の色を変色させています。 変色の原因となっている残留物を丁寧に取り除き、歯の内側から薬品で漂白する方法をウォーキングブリー...

2012.02.21
歯を白く美しく(オールセラミック)

歯を白く美しく(オールセラミック) チョコレートを前歯でかじったらボキッと音がしたということで 慌てて病院に駆け込んでこられました。 もともと神経をとる処置をしてあった前歯が根元からぼっきり折れてしまってました。 折れてしまった歯です。神経処置をした歯は痛みを感じないので、知らないうちに虫歯が進んでいることがあります。また、歯の強度もだんだん弱くなり、今回みたいに折れてしまうことがあります。このケースでは歯の根を残すことができたので、患者さんと相談、オールセラミックで修復することになりました。 ...

2012.01.18
セミナーで発表してきました。

セミナーで発表してきました。 『健康を守り育てる「ヘルスケア型診療」導入への道しるべ』 というヘルスケア・ウエスト主催のセミナーにスタッフと一緒に参加してきました。 従来の痛いときや詰め物がとれたときなど、治療中心の診療を『点』の診療といいます。 このシステムでは治療するたびにお口の健康状態は悪くなっていきます。 治療終了後も定期的なメインテナンスを続けて虫歯や歯周病のリスクを管理し、 お口の健康を守っていく「線」の診療を「ヘルスケア型診療」といいます。 私も今回のセミナーの中で 『治療中心から予防中心診...
前へ 123456
ご予約・お問合せ
電話0957-54-1682
長崎県大村市松並2丁目847-4
専用駐車場完備 地図ページへ
ずっと笑顔でいてほしいから。不安な気持ちを解消し、納得・安心・安全な治療を。
  • インプラント
  • 歯周病治療
  • 子供の診療
  • 矯正治療
  • ホワイトニング
  • 歯並び
  • 虫歯の治療
  • 訪問診療
診療時間

このページのトップへ